スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012ロボカップその3

10/10追記 この設計にミスがあることがわかったので、この設計をロボカップの用途にそのままコピーするのはおすすめできません。工作方法としてご覧ください。詳しくはこちら


昨日の記事に

放送部の方も・・・・・お願いします><

って書き込みがあったけど・・・

さあどうしようか

私Vega Altairのロボット製作は金の無い人(自分)がどれだけのロボットをつくれるのかについて書かれています。

ギアボックス製作3回目。

今日は要領をつかんで手際よくできた。

工作に使う道具はハンドドリル(家にあった)、軸の直径+0.2mmの穴が開くドリル刃450円、印をつけるためのボールペン(家にあった)、金きりばさみ(家にあった!)。

気合の穴あけ3

所定の位置に気合で穴を開けて、金きりばさみで気合で切って・・・としたかったのだが、金きりばさみでアルミ板を切るとなんと曲がってしまう・・・。

そこで気合で曲げなおして真っ直ぐにすることにした。

そしてそれらを去年のロボットで余った棒でつなげて・・・
気合の組み立て1
こうした。テープ止めのところもあるが。

中はこうなっている。
機構説明1
適当だぁ。でも、ちゃんと380モーターの固定には成功。

もちろん6Vで試験運転をしたらものすごい音が鳴ったが・・・。

そして全部終わってから3枚の板全部を重ねてから穴を開ければ同じところに穴が開き、ただでさえ低い工作精度が向上するということに気づく。

あと4つ作らなくてはならないので、この方法はそこで使おう。

文化祭までに完成って・・・難しいかな・・・?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Vega  Altair

Author:Vega Altair
大学生になりました。
44番というチームでロボットの大会に出ていたドリルの刃を手で回してアルミ板に穴を空ける系プログラマー。
twitter始めました
サイト跡地にのなめ倉庫を設置してみた。下のリンクからどうぞ。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
きたひと
このblogには
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。